知れば知るほど面白い!はちみつの特徴とマメ知識

意外と知らないはちみつの作られ方と種類、マメ知識

知れば知るほど面白い!はちみつの特徴とマメ知識

はちみつ

はちみつはこうやって作られる

はちみつはミツバチによって作られることはよく知られていますが、はちみつが出来上がるまでの工程はよく知らないという人も多いでしょう。ミツバチの巣は女王蜂とオス・メスの働き蜂からなりますが、巣の中を作りあげてはちみつを蓄える働き蜂と、外に出て花の蜜を集めてくる働き蜂とに分けられます。巣に持ち帰られた花の蜜の水分を蒸発させ、巣穴に蜜を集め、8割ほどのはちみつが出来上がると蜜ろうで蓋をするのです。こうしてはちみつは作られます。ちなみに、はちみつが作られるシーズンになると、ミツバチは最大で約6万匹もの群れを成します。

はちみつの種類とマメ知識

ミツバチは効率よく花の蜜を集めるために、ひとつの花から蜜を採取してきます。そのため、はちみつにも色々な種類があるのです。日本国内でも代表的なはちみつは「レンゲはちみつ」。はちみつのなかでも癖がなく、誰にでも食べやすいことで知られています。舌触りはまろやかで上品な味わいなのが特徴です。料理の隠し味にはもちろん、フルーツやヨーグルトにかけても美味しいでしょう。反対にとてもクセが強いのが「クリはちみつ」。栗の花から採れるので、独特な渋みを味わえます。クセこそ強いものの、ビタミンや鉄分が豊富に含まれているので、漢方蜜といわれるほど栄養価は高いです。

広告募集中